池袋内科,線維筋痛症,医院

予防接種

子宮頸がん、インフルエンザについて

インフルエンザは、日本では季節性・新型に対するにワクチンがありますので、速やかに接種することで感染による症状を軽快することが可能です。

子宮頸がんは、近年日本でも使用できるようになったワクチンがあります。10歳以上の女性に接種可能であり、3回の接種が必要となります。このワクチンは子宮頸部上皮内癌を98.4%以上予防でき、HPV16/18の持続感染を100%予防することが可能とされています。

ページのトップに戻る